汚れをつけない!トイレの使い方のコツ

掃除の中でもトイレ掃除は特に気が進まない、という方が多いのではないでしょうか。
床のゴミを取ることはもちろん、壁紙に飛び散った汚れを除去したり、便座の裏を拭いたり、トイレブラシで便器の奥をこすったりしなければならず、壁の黄色い汚れを触ったり、トイレブラシから滴る汚水を見たりすると、つい顔をしかめてしまいますよね。
さらに、手洗い場のザラザラやサビなどの汚れは、一度ついてしまうと落ちづらく、ピカピカにするにはハードルの高い部分です。

お家の中でも特に汚れやすいトイレは、手を抜くとすぐにドロドロになってしまいます。
トイレに入る度に汚れを見て溜息、「そろそろ掃除しなきゃ」と思いつつもついつい後回しにしてしまって、頭の中でタスクとして残り続ける…そんなトイレ掃除の負担を少しでも軽くしたいと思うのは当然です。

トイレ掃除は、できれば毎日、最低でも週に1回行うべきといわれています。
カビや尿石、水垢などの特殊な汚れが発生しやすいトイレは、掃除をさぼればさぼるほど綺麗にするのに時間がかかるようになってしまいます。
ですが、ちょっとした工夫をすることによって、毎日トイレブラシを持つ必要がなくなるかもしれません。

トイレの使い方、使用後の簡単なメンテナンス、便利グッズ…これらを上手く活用して、大規模なトイレ掃除の回数を減らしつつ、楽に綺麗なトイレを維持しましょう。
このサイトでは、日々のちょっとしたコツでトイレを清潔に保つ方法についてご紹介します。